おとなのしゅみ

40代からはじめる趣味のお話

はじめてのカメラ選び〜2日目

こんにちは。

殿様バッタです。

本日はカメラ選び二日目。

それにしても選ぶ基準が多くて迷ってしまいますね。

  

一眼レフかミラーレスか?

一眼レフカメラ

カメラの中にミラー(鏡)が存在し、その鏡をファインダーから覗く方式。

要するに、カメラを覗いたときに見えているのは鏡に映った風景や人物ってことらしい。

ミラーレスカメラ

カメラの中に本来あるはずのミラー(鏡)を排除し、ファインダーの中に小さいモニターを作ってそれを見ながら撮影する方式。要するに、カメラの後ろについてるモニターがカメラの中にも存在するってことかな。

 

 一眼レフのメリットは、肉眼で見ている風景や人物がそのままファインダー越しに見えているので自然であること。

逆にミラーレスは、一度カメラが画像処理したモニターを見ているのでテレビの画面を撮影してる感じかな?なので色味とかが不自然。

一眼レフのデメリットは、ミラーが内蔵されている分、デカくて重い。逆にミラーレスはコンパクトで軽い。 

性能で見れば一眼レフだが、どれだけ重いのかが気になるところ。

 

カメラメーカーはどこを選べばいい?

 

カメラは色々なメーカーから出ていて、どこのメーカーが良いのか迷ってしまいます。

なので今回は、メーカーの特徴などを調べてみたのでわかったことを書いてみます。

 

まずは、カメラメーカーを思いつく限り書き出して見ると、

キャノン、ニコン、ソニー、ペンタックス、オリンパス、パナソニック、富士フィルムなど思いつくだけでもこんなにメーカーがあるのに、一度メーカーを決めてしまうとレンズが使い回せないらしい。

そんなことってあるんですね。

結構高い買い物ですし、慎重に選んでいきたいと思います。

 

フルサイズない会社もある?

まずそもそもフルサイズの機種を作っていない?のかまたは力を入れてない会社?は除外してみよう。

オリンパス、パナソニックはマイクロフォーサーズのみかな?

富士フィルムは基本はAPS-Cがメインらしい。

となると残るはあと4社、キャノン、ニコン、ソニー、ペンタックスになります。

ここから先は各社の一押しフルサイズ機を比較してみないとなんとも言えなそう。

 

予算内で買える候補として

キャノン(EOS 6D MarkⅡ)

言わずと知れた、カメラ業界最大手。レンズもカメラも多種多様。

ニコン(D750)

キャノンと並ぶ業界の雄。イメージはいぶし銀。

ソニー(α7Ⅲ)

フルサイズミラーレスという新しい技術で、上位2社に割って入れるか。

ペンタックス(K-1MarkⅡ)

マニアック。※勝手なイメージです(笑

 

このどれかになりそう。

とりあえず次回はそれぞれの特徴を調べてまた書きます。