おとなのしゅみ

40代からはじめる趣味のお話

RAW現像ってナニ?

こんにちは。

殿様バッタです。

 

今日もせっかくの休みなのに雨。

カメラを持って散歩したいけど、雨だから家に引き篭もり。何しようかなーと考えながら、いつも通りYoutubeでカメラ動画などを見ていると、写真の現像、レタッチなどという言葉が…

 

 『JPEG撮って出し?』

 

なんだか難しい言葉が出てきました。

いろいろ調べて、自分なりの解釈だと、

 

JPEG撮って出しは、撮ったそのままをプレビューしている状態。

現像はその後加工して、作品に仕上げた状態。

 

つまり、『素材から作品を生み出す』のが現像ってことであってるかな?

ということで、外にも出られないので、現像とやらをやってみようではないか。

色々、ソフトがあるようでしたが、一番メジャーなのが、アドビ社の『Lightroom』ってソフトらしい。有料で月980円(税別)らしいが、30日無料なのでとりあえず使ってみます。

 

Lightroom使ってみた!

 

Adobe Photoshop Lightroom 6(写真現像ソフト)|ダウンロード版|Windows版

 

先日撮った、梅酒の写真。室内撮影のためちょっと暗い。

少しだけ明るくて暖色系にしてみると、こうなります。

 

①加工前(少し青みがかっています。多分蛍光灯のせいかな)

f:id:grasshopper0106:20180610112946j:plain

②加工後

f:id:grasshopper0106:20180610112954j:plain

 

なんとなく、梅も本来の色味になりました。

これがレタッチというものなんですね。

なんか楽しくなってきました。

 

つぎは近所の道端に咲いていた紫陽花。

若干こちらも暗い感じなので、少し明るさを足してみると。

 

①加工前(ちょっと天気のせいで薄暗い)

f:id:grasshopper0106:20180610113030j:plain

 

②加工後

f:id:grasshopper0106:20180610113036j:plain

 

暗い方も雰囲気あるのでどっちも悪くないけど、

明るい方が花が可愛く見えますね。天気が悪く暗くなってしまった写真も、これで簡単に直せてしまいますね。

 

 最後は、後楽園に行った時の写真。

これはちょっと極端に加工して見ました。

 

①加工前(これはこれで全然良いと思いますが)

f:id:grasshopper0106:20180610115646j:plain

 

②加工後

f:id:grasshopper0106:20180610115954j:plain

 

 

ちょっと不自然な感じもしますが、加工後のほうがインスタ映え?しそう(笑

やりすぎると個性は出ますが、なんか違う気もしますね。写真というより絵に近いのかなー。という感じで、LightroomCC使って見ましたが、とても面白く奥が深そうですね。

でもまずは素材がしっかりしてないと、加工しても良くならないので…

まずは撮りまくって自分のスタイルを作って行きたいなあと思う今日この頃です。

ではまた。

 

使用機材

カメラ: SONY α7Ⅲ

レンズ: TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD

現像ソフト:LightroomCC