おとなのしゅみ

40代からはじめる趣味のお話

カメラ散歩〜古代蓮の里

今日は実家に帰るついでに、古代蓮の里に行ってきました。

古代蓮の里ってどこ?

って思う方もいると思うので、

ちょっと説明。

 

そこは埼玉県行田市。

あの陸王ってドラマの舞台になった、足袋で栄えた町です。

 

 

陸王

陸王

 

 

 

そのちょっと外れに古代蓮の群生が見られる施設があります。

そこが古代蓮の里

ふるさと創生事業 の一環とし、行田市天然記念物であり市の花である「古代蓮(行田蓮)」をシンボルとする公園。古代蓮は、公共施設建設工事の際に種子が掘削地ので自然発芽し1973年(昭和48年)に開花したものである。出土した地層の遺物や木片の放射性炭素年代測定から約1400年から3000年前のものと推定されたため古代蓮と呼ばれるようになった(ただし、種子を直接測定したものではなく、ずっと新しい時代の種子が発芽した可能性も否定できない。なお、現在種子を直接測定した最も古い古代蓮は中国の約1,300年前のものである。)。古代蓮の里は、その古代蓮の自生する付近(旧小針沼)に「古代蓮の里」として1992年平成4年)から2000年(平成12年)にかけて整備された(公園の開園は1995年(平成7年))。2001年(平成13年)4月22日には、園内に「古代蓮会館」が開館した。

〜Wikipediaより

 

 

 

実家も近いので、毎年この季節には見に言ってます。ではまずは写真を何枚か。

 

 

広大な敷地です!!

f:id:grasshopper0106:20180624200253j:image

展望台もあります。

f:id:grasshopper0106:20180624200312j:image

 

結構咲いてました。現在5分咲きくらいかな。

 

f:id:grasshopper0106:20180624200331j:image

f:id:grasshopper0106:20180624200356j:image

f:id:grasshopper0106:20180624200412j:image

 

すでに結構混んでました。

7月にはイベントもあるらしいので、ぜひ行ってみてください!

 

それにしても、

 

花は撮るのは難しい。

 

なんか全てが同じ感じの構図の写真ばかりになってしまう気がします。

おそらく光の感じもあるんだろうな。と最近感じました。夕暮れ時や明け方など、時間を変えてみるのも良いかもですね。

 

そういえば、最近はカメラを持っている人を見ると、ついどんなレンズを使っているのかチェックしてしまいます。

ここ1〜2ヶ月で完全にカメラにのめり込んでしまった。病気ですね(笑

 

もう少し撮った写真があるので、

明日はLigntroomでじっくり現像したものをアップしますね。

ではまた

 

使用機材

カメラ: SONY α7Ⅲ

レンズ: TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD

ストラップ:PeakDesign ピークデザイン SL-BK-3